favyメンバーが好きを仕事にする日々を発信するfavicon

favy公式ブログ favicon(ファビコン)

飲食店の使命は美味しい料理を出す事。だからこそ『とらじ亭』は専門家による客観的評価を求めた。

2020/04/01 お客様インタビュー

「飲食店が簡単に潰れない世界を創る」をビジョンに掲げるfavyは、全国の飲食店に「favyプレミアムプラン」を提供しています。月間6,700万リーチを誇るグルメメディアfavyにて飲食店を記事形式で紹介し、twitterやfacebookなどのSNSを通じてさらなる集客・認知獲得を図ることができるサービスです。

東京都内で4店舗。『とらじ亭』を運営する株式会社Zowieの音羽社長にお話を伺いました。

『とらじ亭』神田店

――favy社のことは、どのようにして知ったのでしょうか?

音羽:2016年の第2四半期にネットで飲食店のPR手法について情報収集して知りました。
その後、favy社が主催するセミナーに参加したりして、本格的に導入(契約)したのは2019年でした。

――その頃はどのような課題を感じていたのでしょうか?

音羽:当時のグルメサイトは、「口コミ」がメインでした。
来店したお客様の主観に基づく評価が「口コミ」だと思っていて、それ自体を否定するつもりはありません。
その一方で「食に関するプロ」の冷静な評価軸で、正しくお店を評価・紹介して欲しいという思いもありました。その結果、ネガティブな評価を受けても、プロの評価であれば仕方ないと考えていました。

――お客様の主観に頼りたくなかった?

音羽:『とらじ亭』はもともとホルモン料理屋としてスタートしたので、お客様にはホルモンが中心の商品構成というイメージがあるように感じます。しかし、お肉に関しても老舗のネットワークを生かして、都内の高級店と全く同じ和牛肉を提供しています。
その価値が、正しく理解されていないと感じていました。

『とらじ亭』ではA5ランクBMS10以上の和牛のみを取扱っている。

――favy以外のグルメサイトを選ばなかった理由は?

音羽:大手のグルメサイトは先程の「お客様の主観」に依存したサービスありきで、「予約の手数料」で稼ごうとするビジネスモデルのように感じていました。
実際、営業担当者の提案も基本的なPLすら理解せずに、「クーポン」「ワンコイン」「格安コース」などの「飲食店の負担」が前提の提案ばかりでした。

そんな中favyについて、セミナーや説明会の中で話を聞いてみると、データに基づいた宣伝を中心に、デジタルマーケティングを活用して飲食店の魅力を適切にプロモーションできるという期待感がありました。

――実際にfavyプレミアムプランを利用してみて、どうでしたか?

音羽:実際にプレミアムプランの内容を知ってからメディアを読んでみると、「食のプロによるお店の評価」というより、お客様がお店に興味を持って、予約やお店への問い合わせを増やすことに特化した記事であることに気づきました。
favyさんは「食に関するプロ」ではなく、「食に関するデジタルマーケティングのプロ」だった訳です。
で、実際に取材を受け、記事を公開してみると、予約数や注文数など、明らかな効果を実感できたんです。

※記事公開数日後のやりとり

記事をおまかせするだけでなく、記事公開後に店舗のホームページや自分のSNS等での情報発信についてアドバイスされるのがありがたいと感じました。
自分達でも発信していく事が大切だとこれまでも認識はしていたのですが、どのような動きを、どのタイミングで取るべきかという具体的なアドバイスをもらえるのはありがたかったです。

※記事公開数日後のやりとり

――今後のfavyへの要望や期待していただいていることなどありますか?

音羽:マーケティングやコンサルティングなど、ブレインとしての役割を期待しています。
規模にもよりますが、飲食店の店主兼経営者は、プレイングマネージャー化していて、マーケティングの知識も無いし勉強する時間もなさすぎるんです。
そういったマーケティング部門をfavyにアウトソースするようなイメージを期待しているので、favyの社員の方には、今後ますますそれらの専門性を追求して欲しいと思っています。

――ありがとうございました!

-お客様インタビュー
-,

favicon人気記事

サブスクを導入した飲食店事例20選を一挙にご紹介!

カテゴリ: サブスクブログ

飲食DXの成功事例を公開。地方から立ち上げ半年で6店舗を商業施設に出店したサブスク型飲食ブランドの作り方セミナー開催

カテゴリ: プレスリリース

【6月10日(木)開催ウェビナー】知識ゼロから始める店舗のサブスク(入門編)

カテゴリ: セミナー案内

スポーツ×飲食で福島を盛り上げたい。福島ファイヤーボンズ西田社長が語る「ふくしま飲食応援パス」にかける想いとは

静岡の飲食店でも成功!?『サブスク』導入後、月の平均利用回数6回に出来た理由を聞いてみた!

【関西初】複数の施設で横断して使えるサブスク『JOYONE 飲食パスポート』の裏側。商業施設運営会社の決断とは

月額500円でルクア大阪内の飲食店で様々な特典がもらえる!『LUCUAフードパスポート』を6月21日(月)より販売スタート

カテゴリ: プレスリリース

複数店舗で横断的に利用できるサブスクの導入事例を一挙にご紹介!商業施設/プロスポーツチーム/自治体など

カテゴリ: サブスクブログ

COREDO日本橋、COREDO室町などの飲食店で使えるサブスクリプションサービス『COREDOサブスク』 6月23日(水)より提供開始。月額10万円で毎日2名分の肉コースが楽しめるプランや月額321円でオフピークに特典がもらえるプランなど

カテゴリ: プレスリリース

「favyサブスク」導入企業様事例紹介(2021年5月)

カテゴリ: 導入実績