favyメンバーが好きを仕事にする日々を発信するfavicon

favy公式ブログ favicon(ファビコン)

パティシエから飲食店向け営業へ!未経験でも大胆に挑戦するfavyらしい「まずやってみる」とは?

2017/07/20 インタビュー

こんにちは!人事の高柳です。
本日は飲食業界出身で、現在飲食店向け営業を担当するメンバーをご紹介いたします!

【プロフィール】
氏名:中川 敏江(ナカガワ トシエ)
入社:2017年3月
所属:ストアパートナーgr.
好きな食べ物;麺全般、甘いもの
好きな飲食店:『パティスリー ユウ ササゲ (Patisserie Yu Sasage)』、北千住『cieloazzurro』
趣味:食べ歩き、映画、料理

ーーfavyに入るまではどんなことをされてましたか?
私はもともとずっと飲食畑で、一番長かったのが『AWkitchen』で、パティシエとして約4年働きました。親戚にシェフがいて、小さいころから料理や食べることが大好きで、小学生の頃から飲食店で働くことが夢でした。

会社のイベントでは、店舗時代の経験を活かして積極的にスタッフとして協力してくれます

ーーなぜ店舗でのお仕事からfavyの営業職へ挑戦しようと思ったのですか?
だんだん飲食の現場に立つことが体力的にキツくなってきて。ただ飲食からは離れたくなかったので、はじめは飲食業界の事務職で探してました。
その中でfavyを見つけて、初めて話を聞きにいったのがオフィスで開催された採用イベントでした。そのとき飲食店の現場で感じていた課題を解決するツールがここにある!って感じて。

店舗勤務時代によくDMを作っていたんですが、どれくらいDM送付からのリピートがあるのかも分からないまま店舗スタッフみんなでやっていたんです。
現場に立ちながらDMつくるって時間的にも厳しいし、そもそもシェフや店長がそれをやる時間って勿体無いなって感じてて。その時間があったらメニュー開発とかイベント考えるとか、もっと他に優先すべきことがあるんじゃないか?DM作りは得意な人にやってもらうべきなんじゃないか?とずっとモヤモヤしてたんです。
こういう飲食店の「苦手」や「嫌いなこと」をやってあげて、より効率よく飲食店を運営することが出来るようお手伝いする仕事がfavyにあるということに魅力を感じました。

で、営業として入ることになったんですが、どうしても営業やりたい!ってわけではなくて、favyという会社に興味があって入社を決めたので、正直職種は限定していなかったですね。
ただお客様が飲食店ということなら、過去の経験を活かして営業が出来るかも?って思ったのと、異業種への転職ができるラストチャンスだ!と思って、営業として挑戦することにしました!

ーー結果的に、営業に挑戦して良かったですね!特に印象的な案件はありますか?
営業は未経験なのでとりあえずテレアポからスタートしたのですが、電話での提案をきっかけに受注したクライアントはとても思い入れが深いです。
普段はアポの質を高めることを意識していて、単にアポ数を獲得するだけでなく、訪問した人が受注しやすいように、事前に情報共有とヒアリングを綿密に行うように心がけています。

電話で飲食店さんにヒアリングしていたら、通常通り企画考えて、記事リリースして、ってやっても難しそうだなって感じて。
そこで「国内向けじゃなくて、インバウンド訴求の記事やってみませんか?」って提案してみたんです。実際、訪日外国人に受けそうな業態だったし、ちょうどfavyのインバウンドメディアが急成長しているフェーズだったので。
興味を持ってもらえたので、インバウンド事業の責任者である久野と一緒に提案しに行ったら「是非やりたい!」と言っていただけて、受注できたんです。
アポの場でも、電話でお互いの情報共有がほぼ出来ていたので話がとてもスムーズに進みました。電話でのコミュニケーションが大事だなって思ったのと同時に、こういった電話から受注につながる案件を増やして行きたい!ってモチベーションが高まりましたね!

ーーアポの質を高めるっていう点で「favyらしさ大賞」の「まずやってみる」部門を受賞しましたよね!
はい、ありがとうございます!この企業にアタックしたいなと思ったら、まずやってみました。ただ行動するだけじゃなくて、受注につながることを意識してアポ取りをしました。
アポイントの質を上げるために、商談後のフィードバックをもらうようにし、ひたすらPDCAを回しています。
こうして行動していると、部署問わず色んな人が「こういうお店、集客に困ってそうじゃない?」ってアポにつながりそうな飲食店の情報を共有してくれるようになって。いつも助かってます!

ーーフルフラットに部署関係なく知識を共有し合える環境ですよね。
はい!訪問したときの感触も、電話での提案に必要なマーケティングの知識も、わかららないときに「ここってどうなってるんですか?」って聞くと全員が親切に教えてくれて、本当にありがたいです。
それをもとに、わたしが営業チーム全体に「こういう取組やってみませんか?」って提案すると、すぐに「いいね!」とか「段取りできてないから、もうちょっと詰めよう」とかフィードバックをくれて。
絶対に「なんでそんなことやる必要あるの?」とか「中川さんは営業未経験だからまだそんなこと考えなくて良いのに」とか、言われないんですよね。
色々なことに挑戦しがいのある環境だなって感じています!

ーー最後に、何か一言をお願いします!
年齢も経験も関係なく、やりたいことに挑戦できる環境です!やる気のある仲間をお待ちしております!

ーーありがとうございました!

学歴・年齢・職歴、一切不問。一緒に働く仲間を募集しております!

-インタビュー
-, ,

favicon関連記事

グルメメディアfavyの人気記事はこうして出来る!実力派グルメライターに密着!

favyグルメライター・畑中さん こんにちは、広報の道辰です。今回はfavyが運営する飲食店・グルメメディアfavyの記事がどんな風に作られているのかをお届けするため、グルメライターとして活躍している …

大学在学中に正社員に!数百万単位のプロジェクトを成功させるスーパー女子大生とは

グルメメディアだけではなく、飲食店の新しいマーケティングモデルやビジネスモデルを確立するために、飲食店も経営しているfavy。今回は、favy直営飲食店のマーケティングを担っている、高見澤萌実さんに、 …

お客様から感謝されるお仕事!飲食店への企画立案を行うストアパートナーの魅力とは?

こんにちは、人事の高柳です!今日はストアパートナーgr.の若き営業エース、佐藤あゆみさんにインタビューしてきました。 ※favyでは、一般的な営業部にあたる部署がストアパートナーgr.と呼ばれています …

favy美人ライターが語る!飲食店の集客に繋がる企画づくりとは

こんにちは!人事の高柳です。 これまで採用担当として真面目にインタビュー記事や勉強会の様子などをアップしていましたが、favyってすごく自由な会社だし、個性豊かなメンバーが多いので、もう少しフランクな …

脅威のスピードで150万いいね獲得!24歳の事業長が語る「favy JAPAN」の目指す場所とは

訪日外国人観光客の増加を背景に、2017年3月に運用を開始した「favy JAPAN」。favyが英語や他外国語で、日本の食文化や飲食店を紹介するメディアです。運用開始から約4ヶ月後の6月末には、fa …