favyメンバーが好きを仕事にする日々を発信するfavicon

favy公式ブログ favicon(ファビコン)

【執行役員就任】デジタルマーケティング×O2Oの仕組みで「飲食店が簡単に潰れない世界」を創るために

2018/10/05 メンバー紹介

はじめまして、2018年10月より執行役員に就任しました石田です。高梨とは2002年にアイレップで出会って以来の付き合いになります。
15年以上デジタルマーケティングの領域でキャリアを歩んできた私が、次の挑戦の場としてfavyを選んだ理由と、favyで果たすべきミッション、そしてどのような組織を創っていきたいか、お伝えさせていただきます。

石田 孝之(Takayuki Ishida)
デジタルマーケティング黎明期の2002年から株式会社アイレップにてリスティング広告やSEOといったSEMを中心としたコンサルティング業務に携わる。外資系SEO会社の日本支社立ち上げ等を経て株式会社デジタルアイデンティティでは2017年より取締役に就任。2018年10月より株式会社favyへ執行役員としてジョイン。
デジタルマーケティングの対応領域は広く、運用型広告のコンサルティングだけではなく、サイト制作や各種解析等、業種問わず中小〜大手企業1,000社位上のプロジェクトに携わる。

favyで果たすべきミッション

9月末の四半期締め会にて執行役員として全社に紹介されました

グルメメディアfavyを軸としたデジタルマーケティングのトータルコンサルティングをクライアントに提供することにより、集客や経営の課題を解決します。
具体的には、MAツールとBeaconを活用した来店計測・トラッキングとfavyが持つデジタルマーケティングのノウハウを組み合わせて「favy記事(Online)から来店(Offline)」というO2Oの仕組みを整え、飲食業界の経営課題を解決するマーケティングソリューションをワンストップで提供し、favyが掲げる「飲食店が簡単に潰れない世界を創る」ことが私のミッションです。

日本のデジタルマーケティングの先駆者として

私がデジタルマーケティングの業界に足を踏み入れたのは2002年のときで、日本にGoogleアドワーズ広告が参入し、SEMの仕組みが上陸したタイミングでした。
それ以前はBtoBの出版社にいて、専門誌なので購読者のデータベースを持っていたのですが、そこからメールアドレスを取得し読者向けにメール配信をしたら予想以上に反響が良くて。
直感的に「これからはネット業界が伸びる」と判断してアイレップに転職しました。高梨と出会ったのもちょうどこのときです。
そこから15年以上、SEMを主軸にしたデジタルマーケティングのコンサルティングを専門にやってきました。
高梨は共に日本のデジタルマーケティングの黎明期を支え、環境は違えど業界の最前線に立ち続けた仲間なので、久しぶりに一緒に面白いことが出来そうでワクワクしています。

当時の仲間の多くがfavyで活躍しています

デジタルマーケティング×O2Oの仕組みづくりにチャレンジできる環境がfavyだった

15年以上デジタルマーケティングのプロフェッショナルとしてのキャリアを歩んで来ました。裁量の大きいポジションも経験してきましたし、正直デジタルマーケティングだけをやるならfavy以外の選択肢がたくさんあったのも事実です。ではなぜこのタイミングでfavyを選んだかというと、最大の理由は自社メディア・直営店・自社クライアントの3つを持ち、「飲食店が簡単に潰れない世界を創る」ために経営に真剣に向き合うことができる環境だからです。
「3年で7割が潰れる」と言われる飲食業界。飲食オーナー様は、毎日売上と人件費と向き合っています。favyのコンサルタントは「悩める飲食店」を救うデジタルマーケティングのプロフェッショナル集団であるからこそ、飲食店の経営課題に入り込んだ提案が求められます。シビアですが、経営のリアルな数値を生で感じることができる貴重な環境です。
そして何よりfavy自身が直営店を持っているという強みがあります。
まずは自社メディアと直営店にてO2Oの仕組みを確立し、次にクライアントへソリューションを提供する。直営店とクライアント双方からフィードバックをいただきながら高速でPDCAを回す。
この贅沢な環境でチャレンジしてみたい、という思いからfavyへジョインしました。

「飲食のマーケティングならfavy」を実現するデジタルマーケティングのプロフェッショナル集団を創る

入社直後に営業組織のメンバーたちと合宿を行いました

「飲食のマーケティングならfavy」という世の中を創ります。そのために、まずは仲間を集めます。
私たちがクライアントに提供するのは「グルメメディアfavyの記事」ではなく、「グルメメディアfavyを軸としたデジタルマーケティングのトータルコンサルティング」です。
そのためには、クライアントよりも圧倒的に数字に詳しくないといけないし、その分インプットすることは多いです。デジタルマーケティングの業界はスピードが速く変化も大きいので、知識のアップデートも継続的に行う必要があります。15年以上この業界にいますが全く飽きないですし、好きだからこそ続けられています。

スピードと変化のある業界だから、逆に未経験でも挑戦しやすい環境です。熱意があって素直で、何より「好きを仕事にしたい」という思いがあれば、知識は後からついてくるはずです。

デジタルマーケティングを勉強したい、好きを仕事にしたい、業界の最先端を感じたい、そんな方にはぴったりの環境です。
チームを0から創るフェーズなので、クイックに様々なバックグラウンドの方々とお会いしていきたいと思っています。
あなたの挑戦をお待ちしています。

 

-メンバー紹介
-,

favicon関連記事

お客様から感謝されるお仕事!飲食店への企画立案を行うストアパートナーの魅力とは?

こんにちは、人事の高柳です!今日はストアパートナーgr.の若き営業エース、佐藤あゆみさんにインタビューしてきました。 ※favyでは、一般的な営業部にあたる部署がストアパートナーgr.と呼ばれています …

favyが大阪拠点を開設!事業部長が語る関西進出の舞台裏とは

こんにちは、人事の高柳です。 2017年10月2日(月)より、favy関西事業部が設立いたします! これまで広告・メーカー部門の営業責任者として活躍していた綿貫ゼネラルマネージャーが、関西事業部の起ち …

飲食一筋26年。過去5回関わったお店を「星付きレストラン」にしてきたシェフがfavyを選んだ理由

はじめまして、2018年8月よりfavyの新業態立ち上げにシェフとして参画した佐藤です。飲食歴26年、過去5回関わったお店を「星付きレストラン」にしてきた私が、なぜfavyを選んだのか。そしてfavy …

favy美人ライターが語る!飲食店の集客に繋がる企画づくりとは

こんにちは!人事の高柳です。 これまで採用担当として真面目にインタビュー記事や勉強会の様子などをアップしていましたが、favyってすごく自由な会社だし、個性豊かなメンバーが多いので、もう少しフランクな …

『29ON表参道』料理長の私がfavyを退任して独立する理由

こんにちは。29ON表参道の料理長・菊池です。この度2017年12月末日に料理長を退任することになりました。 favyに入るまで 料理の道に入ったのは27歳のときです。大学卒業後サラリーマンとして働い …