favyメンバーが好きを仕事にする日々を発信するfavicon

favy公式ブログ favicon(ファビコン)

1日1名のペースでCRAFT BEER PASSPORTの会員を獲得している『coffee mafia』に実施している販促方法を聞いてみた!

2020/08/21 お客様インタビュー

月額2,800円(税込)で1日1杯タップ・マルシェのクラフトビールが飲めるサブスクリプションサービス 『CRAFT BEER PASSPORT Supported by Tap Marché(以下、「CRAFT BEER PASSPORT」)』。

今回は、この「CRAFT BEER PASSPORT」の取り組みに参加して、1日1名(月間20名)のペースで会員獲得をしている西新宿のコーヒースタンド『coffee mafia』の店長にインタビューし、「CRAFT BEER PASSPORT」参加後の変化や会員獲得のために実施している販促手法についてご紹介します。
CRAFT BEER PASSPORT参加店舗さんにはもちろん、すべての飲食店さん必見の内容となっております。約3分で読める内容となっておりますので、ぜひ最後までご一読ください。

――「CRAFT BEER PASSPORT」に参加したきっかけを教えて下さい

もともとKIRINさんとは取引があったのですが、タップ・マルシェ(キリンビールが提供するクラフトビールディスペンサー)は、『coffee mafia』では導入していませんでした。
今回の「CRAFT BEER PASSPORT」のサービスが始まるということを聞き、これは絶対参加した方がいいと思い、タップ・マルシェの導入から一気に決断しました。
新型コロナウイルスの影響で消費者の飲食店利用が減る中で、いかにお客さんにリピートしてもらうことで客数を伸ばせるか、ということが重要になると思っていました。「CRAFT BEER PASSPORT」の取り組みを通じて、リピート客づくりができること、さらには会員費も還元されるということで、すぐに申し込みました。

――「CRAFT BEER PASSPORT」導入後、変化はありましたか?

新型コロナウイルスの影響から落ち込んだ客数も徐々に回復してきており、CRAFT BEER PASSPORTに申し込んでくれるお客様も増えています。現在は1日1名(月間20名)のペースで会員を獲得できるようになってきました。
特にCRAFT BEER PASSPORTを利用されるお客様については、来店頻度が高く、お店の売上アップに繋がっています。
また、来店頻度が上がった分、お客様に話しかける機会も増えました。会話の中で「このビールにはこのおつまみがおすすめですよ」とビールに合わせた注文を促すことで、客単価をアップできたことも良かったです。

――「CRAFT BEER PASSPORT」の導入に合わせてどんな準備をしましたか?

クラフトビールそのものの導入がお店として初めての取り組みだったので、まずはクラフトビールを提供していることの告知をしました。KIRINさんの発注サイトから販促物をかんたんにダウンロードできたことは助かりました。
また、客単価アップを目的にクラフトビールに合わせたちょっとしたおつまみメニューを用意しました。「CRAFT BEER PASSPORT」のお客様がちょっと1杯飲みたいときに来店した場合にも追加注文してもらえるようなメニューを揃えました。

――「CRAFT BEER PASSPORT」の会員獲得のためにどんなことを実施しましたか?

お店でできることはとにかくすべて実施しました。申込用の二次元コードが入ったPOPの掲載はもちろん、『coffee mafia』専用のチラシなどを作成して店頭に設置、近隣エリアでのチラシの配布も行いました。
また、WEB側ではお店のSNSへの投稿やお客さんへのメール配信、Googleマイビジネスへの商品登録などを実施しました。

――一番効果的な販促方法は何でしょうか?

すべてのお客さんにとにかく”言う”ことでした。
サービス開始当初、POP掲載やSNS等での告知は行っていたのですが、実はなかなか会員獲得はできませんでした。そんなとき、サービス開始前から通ってくれている常連さんにCRAFT BEER PASSPORTのサービスについて直接話して紹介してみたところ、会員獲得に繋がりました。

それからは、とにかく来店されるすべてのお客様にCRAFT BEER PASSPORTを紹介する、という活動をアルバイトスタッフ含めて徹底するようにしました。「クラフトビールが1日1杯飲める定額制サービス始めましたので、もし良かったら是非〜!」と言ってPOPを見てもうようにしました。それからは1日1名のペースで会員獲得ができています
店内でのPOPの掲載やSNS告知だけでは、お客さんも認識できていないことが多く、直接声がけすることの重要性をすごく感じました。

――CRAFT BEER PASSPORTへの参加を検討している飲食店の方にメッセージをお願いします

今後の飲食店は「いかにリピーターを作るか」がとても大切になってくると思います。外食の頻度が下がる中で、いかに自分のお店を選んでもらうか、そして来店頻度を上げていただけるかが成功の鍵だと思います。
そのための手段として「CRAFT BEER PASSPORT」のサービスは非常に有効だと実感しています。
リピーターになってもらって来店頻度も上げる、さらに会員費の還元もあるので固定の売上も確保する。これだけのことを簡単に実現できるので、みなさんにも強くおすすめしたいです!

――ありがとうございました!

-お客様インタビュー
-, , , , , , ,

favicon人気記事

100円生ビール・ハイボールは、飲食店の集客に効果的と判明。総席数250席が満席!売り上げは約1.7倍に『汐留横丁』

4月5日は横丁の日!生ビール・ハイボールが100円!favy社運営の汐留・仙台・大分・鹿児島・宮崎の横丁でイベントを開催

カテゴリ: プレスリリース

サブスクを導入した飲食店事例20選を一挙にご紹介!

カテゴリ: サブスクブログ

favy、2024年9月大阪でオープンする「JAM BASE」にてシェア型フードホールの出店が決定。さらにフードホール専用モバイルオーダーサービスの一般販売を開始

カテゴリ: プレスリリース

『汐留横丁』で検証中。生ビールとハイボールを100円にしたら飲食店の売上はどうなるのか?

カテゴリ: 事例紹介, 導入実績, 広報

favy独自の福利厚生が「推し活ウィークデー」にアップデート!その内容とは?

カテゴリ: favyについて, HRブログ

森ビル株式会社が運営する虎ノ門ヒルズステーションタワーのT-MARKETにfavyのフードホール専用モバイルオーダーシステムを導入〜事前決済型、事後決済型を使い分け〜

カテゴリ: プレスリリース

【8/27】カレッタ汐留に次世代型の横丁『汐留横丁』がオープン〜ネオ居酒屋、イタリアン、鮪専門店、チーズケーキの店、経営者限定会員制バー、会員制レストラン、ワイン角打ちの店などのさまざまなジャンルが入ったフードホールが登場〜

カテゴリ: プレスリリース

実店舗サブスクの成功事例6選!成功の秘訣を解説

カテゴリ: サブスクブログ

株式会社favyと株式会社29ON、合併のお知らせ

カテゴリ: プレスリリース