favyメンバーが好きを仕事にする日々を発信するfavicon

favy公式ブログ favicon(ファビコン)

【飲食店支援】町田エリアで展開中のサブスクサービス『まちパス』会員売上における還元率変更のお知らせ

2021/02/02 プレスリリース

食マーケティング総合企業の株式会社favy(代表取締役社長:高梨巧、本社:東京都新宿区)は、現在11都府県に発令されている緊急事態宣言を受け、FC町田ゼルビアを運営する株式会社ゼルビア(代表取締役社長:大友健寿、本社:東京都町田市)との協同事業である『まちパス』会員売上の還元率を期間限定で変更することをお知らせいたします。

『まちパス』とは

『まちパス』は、株式会社favyがJリーグ所属のFC町田ゼルビア(東京都町田市)と協同で提供している、月額980円(税込)で町田エリアの対象店舗でドリンク1杯などの特典を受けられるサブスクリプションサービスです。
町田を拠点とするスポーツチームと飲食店が協力し合い、町田エリア全体を活性化させることを目的として2020年11月29日(日)よりサービスを開始いたしました。

通常、飲食店様に提供している「favyサブスク」は、ツールの初期費用・月額利用料を飲食店様にご負担いただいておりますが、『まちパス』では、上記の費用をいただきません。
サブスクツールの月額利用料とサブスク会員の問い合わせ対応などにかかる費用はFC町田ゼルビアとfavyにて負担し、参加飲食店様の金銭的な負担と、運用面(サブスク会員の問い合わせ対応など)での負担を減らします。

サブスクの会員売上につきましては、ツールにかかる諸手数料を除いた金額を参加飲食店様とFC町田ゼルビアでシェアさせていただきます。そのため、参加飲食店様にとって自店舗で会員を獲得することで継続的な固定収入へと、さらにリピーター獲得へも繋がります。

緊急事態宣言に伴う時短営業要請により、参加飲食店様への還元額を増額

町田エリアにてご提供中のサービス『まちパス』は、現在11都府県に発令されている緊急事態宣言を受け、会員売上における参加飲食店様への還元額を期間限定で増額いたします。
「時短営業要請によって影響を受けている町田エリアの飲食店様への支援を強化したい」という想いから今回の取り組みが決定いたしました。

従来、『まちパス』の会員売上につきましては、ツールにかかる諸手数料を除いた金額を参加飲食店様とFC町田ゼルビアでシェアさせていただきます。
緊急事態宣言に伴う時短営業要請を受け、2021年2月から2021年3月までの2ヶ月間、諸手数料を除いた全ての金額を参加飲食店様に還元いたします。

『まちパス』参加飲食店を募集しています

本プロジェクトにご参加いただける飲食店様を募集しておりますので、「FC町田ゼルビアを応援したい」「飲食業界を盛り上げたい」「集客アップ、売上げアップ、リピーター獲得を目指したい」という飲食店様・飲食企業様はぜひ一度お問い合わせください。


【運営会社概要】
会社名:株式会社favy
所在地:東京都新宿区西新宿6-16-6 タツミビル 7F
事業内容:飲食市場に特化したマーケティング支援および飲食店運営
URL:http://www.favy.co.jp/

会社名:株式会社ゼルビア
所在地:東京都町田市大蔵町550
事業内容:プロサッカー試合の開催・運営等
URL:https://www.zelvia.co.jp/

-プレスリリース
-, , ,

favicon人気記事

サブスクを導入した飲食店事例20選を一挙にご紹介!

カテゴリ: サブスクブログ

5月18日(水)大分県の「おおいた元気横丁」がオープン。「氷結」1杯100円で何杯でも飲める「オープンキャンペーン」を開催!飲食業への挑戦者を応援するグルメスポットを目指す。挑戦者も募集

カテゴリ: プレスリリース

サブスクとは?意味からビジネスモデルの特徴、メリット・デメリットや成功するコツを解説

カテゴリ: サブスクブログ

サブスク開始2ヶ月で会員数は400名超。人気そばチェーン「嵯峨谷」にサブスク成功の秘訣を聞いてみた

【5月31日開催】こだわりを追求しながら”客層拡大”を実現。カフェ×サブスクの集客術

カテゴリ: セミナー案内

【5月18日開催】真夏の閑散期でも毎日100人が来店!花屋×サブスクの集客術

カテゴリ: セミナー案内

【5月25日開催】安定収益の第一歩!知識ゼロから始める お店のサブスク(基礎編)

カテゴリ: セミナー案内

大阪のサブスク導入飲食店まとめ【2021年最新版】

カテゴリ: サブスクブログ

話題の店舗サブスクを始めるために必要な4つのポイント

サブスクプランを変更後会員数が2.5倍増え、売上もアップ!宮崎県のドライブスルーコーヒー屋がサブスクを導入した背景とは