favyメンバーが好きを仕事にする日々を発信するfavicon

favy公式ブログ favicon(ファビコン)

favy最大の社員研修イベントとは?2023年末に開催した「アイデアソン」紹介!

2024/01/25 HRブログ ブログ

こんにちは!人事の土屋です。
favyでは部署ごとに様々なノウハウを蓄積しており、それらを新人や他の部署の社員に共有するための勉強会や研修を不定期開催しています。
favyの中で最大の社内研修が「アイデアソン」。毎年12月末頃に開催される「アイデアソン」は、2日間にわたりほぼ全ての社員が参加する一大イベントとなっています。

favyの「アイデアソン」とは?

favy社の「アイデアソン」は新たなビジネスモデルや商品について考えるイベント。
チームは3〜4名で構成され、運営チームから提示されたテーマに沿って、企画〜プレゼン資料の作成〜アイデア発表までを2日間かけて行います。優勝したチームのアイデアは実際に会社に採用されるので、どのチームも真剣です。

昨年(2022年)のアイデアソンの優勝チームが提案した「推し活ウエンズデー」は福利厚生の制度として導入され、1年間運用した後により利用しやすい形にアップデートされました。

favyがアイデアソンを社員研修として全社で実施する理由とは?

様々な社員研修プログラムがある中で、私達が今年もアイデアソンを実施することにした理由は主に以下の5つです。

・AI活用スキルを向上させる
・プレゼンやコミュニケーションなど新たなスキルを体得する
・普段関わりが少ないメンバーと交流する
・チーム単位で課題解決をすることで、問題解決・柔軟性・連携力を高める
・目の前の業務単位ではなく、広い視野で物事を考える創造的思考力を養う

上記以外にも、様々なスキルを総合的に短時間で学べると考え、全員参加でアイデアソンを行っています。

2023年末に開催されたアイデアソンの様子をご紹介します

ここからはアイデアソンの流れに沿って、イベントの内容を紹介します。

2023年のアイデアソンのテーマは「favyメンバーの生産性が高くなる方法」。
昨年と同じテーマですが、予算が2倍になり、AI活用が必須となるルール変更がありました。

また、今年も優勝したチームには、会社からのご褒美とアイデア実現の権利が与えられます。

【アイデアソン1日目】お題とチームを発表

まずは開会式にて、アイデアソンのテーマとチームメンバーを発表しました。チームは部署ごとやプロジェクトのチームとは関係なく、ランダムに選出されます。
普段の業務で関わりが少ない部署の人や初めて話す人と同じチームになることもありますが、社員同士の交流を深めるのもイベントの目的の一つです。

【アイデアソン1日目】ワールドカフェで課題解決の方向性を確認

今年はグループごとの作業を実施する前に「ワールドカフェ」を取り入れました。
「ワールドカフェ」とは、小グループに分かれ、リラックスした雰囲気で対話してアイデアを共有する会議フォーマットの1つ。
ワールドカフェをすることで、他のチームメンバーとも話すことでアイデアの幅を増やしたり質を高めるのが目的です。

今回のワールドカフェのテーマは、「会社の働き方や生産性に関して課題に思っていること」。
20分1セットで、途中でメンバーを変えながら実施し、意見交換をしました。
最後に自分のチームに戻って、どんな話をしてきたか報告し合い、自分のチームの発表テーマを決めていました。

【アイデアソン1日目】中間発表

チームごとのランチでメンバー間の交流を深めた後、現状報告として中間発表会を実施。中間発表では、課題に対してどのような解決方法でアプローチするかを報告します。進捗報告するだけではなく、他のチームと内容に類似点はないかを知る場でもあります。

昨年は、7割以上のチームが福利厚生施策で課題解決するというアイデアでした。しかし、今年は福利厚生施策やタスク管理ツールの改善など、バラエティ豊かな案が中間発表の時点で出ていました。ワールドカフェを取り入れたことで、アイデアの幅が広がったのかもしれません。

中間発表後は各チームそれぞれ作業を進めていき、1日目を終えました。

【アイデアソン2日目】予選は会議室でチームごとに発表!

2日目は少し作業の時間を設けた後、予選を実施。代表の高梨とCTOの新堀の2名で採点し、決勝に進むチームが決定します。

プレゼン時間は3分。発表内容はもちろんの事、プレゼンテーションスキルも評価対象のため、時間内にいかに魅力的にみせるかもポイントです。

決勝に進むチームは、決勝が始まる直前に発表されます。予選発表が終わったチームは決勝に進んだ場合に向けて、発表の改善を始めていました。

【アイデアソン2日目】決勝は参加メンバー全員の前で発表

決勝は場所を移して、自社が運営するシェア型フードホール「汐留横丁」内で開催。決勝に進んだ4つのチームを発表すると、驚きの声や決勝に進めず悔しい声など様々な声が聞こえてきました。

予選と決勝では、発表や順位決めに3つ違いがあります。
・発表時間が5分に延長
・全員の前で発表
・参加者全員投票で優勝チームを決定

優勝チームの発表者はまさかの内定者(※)?!

左から)山口さん、金澤さん、釆岡さん、山田さん

優勝したのは、スポーツを通じた健康促進の福利厚生施策を提案したCチーム。
発表を担当した金澤さんは、イベント当日はfavy入社前。ほぼ全メンバーと初対面という状態でアイデアソンに参加していました。決勝は大人数の前での発表でしたが、落ち着いた雰囲気で堂々とした発表を行い、多くのメンバーを驚かせました。

Cチームに投票した方からは、
・素晴らしい、ぜひ導入したい
・運動をしているが中々続いていない。ちょうどいいなと感じた
・ITの会社ではデスク作業が多く運動する機会が少ないので運動するきっかけになる
というようなコメントがありました。

優勝チームの提案は、人事や関係各所と協力し、10期中に福利厚生施策として実施できるよう準備中です。

※内定者の社員研修は本人の希望に応じてご参加いただいています

favyでは一緒に働く仲間を募集しています

2024年も各部署で積極的に増員中!毎月新しいメンバーが入社しています。
少しでもfavyで働くことに興味をもっていただいた方、まずは一度お話ししてみませんか?
エントリーお待ちしております!

-HRブログ, ブログ
-, , ,

favicon人気記事

【5/28開催】商業施設の飲食フロア担当者さま向け 既存メニューだけで売上1.7倍、来客組数3倍!100円ビールの裏側 事例公開

カテゴリ: セミナー案内

サブスクを導入した飲食店事例20選を一挙にご紹介!

カテゴリ: サブスクブログ

【6/11開催】かつてのシャッター街が満席になった、飲食フードホールの集客事例 〜カレッタ汐留 復活の軌跡〜

カテゴリ: セミナー案内

favy、2024年9月大阪でオープンする「JAM BASE」にてシェア型フードホールの出店が決定。さらにフードホール専用モバイルオーダーサービスの一般販売を開始

カテゴリ: プレスリリース

【8/27】カレッタ汐留に次世代型の横丁『汐留横丁』がオープン〜ネオ居酒屋、イタリアン、鮪専門店、チーズケーキの店、経営者限定会員制バー、会員制レストラン、ワイン角打ちの店などのさまざまなジャンルが入ったフードホールが登場〜

カテゴリ: プレスリリース

サブスクとは?意味からビジネスモデルの特徴、メリット・デメリットや成功するコツを解説

カテゴリ: サブスクブログ

株式会社favyと株式会社29ON、合併のお知らせ

カテゴリ: プレスリリース

森ビル株式会社が運営する虎ノ門ヒルズステーションタワーのT-MARKETにfavyのフードホール専用モバイルオーダーシステムを導入〜事前決済型、事後決済型を使い分け〜

カテゴリ: プレスリリース

【レポート】9期目のMVP&MIPを発表!favyらしく働くメンバーを表彰

カテゴリ: HRブログ, ブログ

流通プロセスで発生する食品ロスの削減に向けて株式会社favyと株式会社ドールが協働!飲食店を活用した新たな仕組作りの実証実験スタート

カテゴリ: プレスリリース