favyメンバーが好きを仕事にする日々を発信するfavicon

favy公式ブログ favicon(ファビコン)

話題のコーヒーサブスク!カフェがサブスクを導入するメリットから成功のコツまで徹底解説

2021/09/08 サブスクブログ

カフェを運営している方におすすめなのが、サブスクサービスの導入です。
定額制で店舗独自のサービスを提供できるサブスクは、最近、カフェをはじめとする飲食店での導入も進んでいます。

今回は、カフェでのサブスク導入事例を踏まえながら、カフェがサブスクを導入するメリットについて解説していきます。

カフェサブスクとは?毎日コーヒー無料などカフェでの導入方法3選

カフェでサブスクを導入すると一言にいっても、導入方法は店舗により様々です。
具体的にはどのような導入方法があるのでしょうか?具体的に3つの例をご紹介します。

1. 1日1杯コーヒー無料サブスク

カフェでのサブスクでもっとも多いパターンが、「月額制でコーヒーが毎日1杯無料」というコーヒーが飲み放題になるサブスクです。

1日に無料になる杯数は1〜3など、店舗やプランによって様々です。

2. コーヒー飲み放題サブスク

1と似ていますが、こちらは数の制限がなく、毎日何杯でもコーヒーが飲み放題になるサブスクです。1日1杯型と比べて店舗数は少ないですが、「コーヒーを1日に何杯も飲む」というお客さまには購入されやすいというメリットがあります。

コーヒーに加えて店内の他のドリンクも無料にすることで、お得感を感じてもらうという運用方法もあります。

3. 店内商品割引サブスク

「会員になるといつでも店内商品10%OFF」というように、コーヒーや他のドリンク、ケーキやお菓子など店内の商品が割引になるサブスクです。


サブスクを導入しているカフェを具体的に知りたいという方は、下記の記事をお読みください。
定額制でお得に飲める!コーヒー&カフェのサブスクを一挙にご紹介!

カフェがサブスクを導入するメリット

ここからは、カフェがサブスクを導入するメリットを3つ解説します。

1. 毎月安定した売上を得ることができ、経営リスクを軽減できる

サブスクを導入するメリットの1つ目は、売上面に関してです。
サブスクはその性質上、会員が解約をしない限り必ず安定的・継続的な売上を得ることができます。

「会員数×定額料金」という計算によって毎月の売上額の予想がしやすく、リスクを抑えながら経営を進められるということはサブスクならではのメリットです。

2. 来店データを取得し、店舗経営に活用することができる

サブスクを導入するメリット2つ目は、「どのくらいの頻度で来店しているか」などの来店データを取得できることにあります。

1人あたりの平均来店回数を把握できれば、1日に消費されるコーヒー豆の量を計算することができます。それをもとに「仕入れ値」「会員券の価格」「人件費」など様々な費用を改善することが可能です。

3. 顧客データをもとにクロスセル(ついで買い)商品を改善できる

サブスクツールを使えば、どの会員さまがいつ来店したか、またサブスクの受け取り以外に何を買ったかがわかります。

そのデータから会員さまのニーズを汲み取り、クロスセル(ついで買い)商品の開発・改善に活かすことができます。
すでにサブスクを導入しているカフェでは、「会員さまと会員さま以外で人気な商品が異なる場合がある」ということもあるそうです。

売上確保のためには顧客データも重要といえるのではないでしょうか。

カフェがサブスクに成功するためのコツ

ここまでカフェでのサブスク導入方法とカフェがサブスクを導入するメリットについて解説しました。

では具体的に、カフェがサブスクを導入する場合はどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。3つご紹介します。

コーヒーサブスクを始めてみたいというカフェオーナーの方は、参考にしてみてくださいね。

1. 初月無料などのお試し期間を設ける

サブスクを購入してもらう1番の近道は、実際にお得だと感じてもらうことです。
「初月無料」や「知人紹介割引」などのキャンペーンを実施し、利用者がより気軽に手を出しやすくしましょう。

2. 豊富なプランを用意する

すでにあるサブスクサービスの中にも、「ライトプラン(安価)」「スタンダードプラン(一般的)」「プレミアムプラン(ヘビーユーザー向け)」など多くのプランを用意しているケースが多いです。
そうすることで、利用者はより自分に合ったプランを選択することができます。

「自分にぴったりだ!」と思ってもらうことが大切です。

3. データを活用した運営をする

顧客データや来店データを取得できるということがサブスクのメリットだと説明しました。
このデータを利用して、来店時に好みが近い商品の情報をメールでお知らせしたり、個人個人に寄り添った接客をすることで、利用者の満足度がぐんと上がるでしょう。

利用者の満足度を上げ、継続して利用してもらうことがサブスクビジネスを成功させるコツです。

サブスクの導入に成功しているカフェ『coffee mafia』

西新宿にあるサブスク型のカフェ『coffee mafia』は、内容が異なる様々なサブスクプランを提供しています。

サブスク成功のコツ「初月無料などのお試し期間を設ける」「豊富なプランを用意する」「データを活用した運営をする」3つ全てをフルに活用したサブスク運用を行っています。

その結果、月の平均来店回数は22回を記録。
サブスクを活用した独自のビジネスモデルで安定した店舗運営を実現しています。

『coffee mafia』のサブスクに関しては、日経クロストレンドや東洋経済オンラインなどのメディアでも多く取り上げられています。

『coffee mafia』の口コミ

まとめ

今回は、カフェがサブスクを導入するメリットと実際にサブスクを導入しているカフェ『coffee mafia』の実例をご紹介しました。

自店舗でサブスクの導入を検討しているカフェのオーナーさまは、ぜひ参考にしてみてください。

▼関連記事

favyでは、サブスク機能の提供から運用サポートを行っております

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます。

店舗DXに特化した顧客管理のSaaSを提供する株式会社favyでは、サブスク機能の提供から運用サポートまで行っております。
サブスクを導入するメリットについて詳しく聞きたい、お店でサブスクを導入してみたい、他の事例も気になるという方は弊社までご相談ください。下記ページより受け付けております。

-サブスクブログ
-, , , , , ,

favicon人気記事

100円生ビール・ハイボールは、飲食店の集客に効果的と判明。総席数250席が満席!売り上げは約1.7倍に『汐留横丁』

4月5日は横丁の日!生ビール・ハイボールが100円!favy社運営の汐留・仙台・大分・鹿児島・宮崎の横丁でイベントを開催

カテゴリ: プレスリリース

流通プロセスで発生する食品ロスの削減に向けて株式会社favyと株式会社ドールが協働!飲食店を活用した新たな仕組作りの実証実験スタート

カテゴリ: プレスリリース

サブスクを導入した飲食店事例20選を一挙にご紹介!

カテゴリ: サブスクブログ

favy、2024年9月大阪でオープンする「JAM BASE」にてシェア型フードホールの出店が決定。さらにフードホール専用モバイルオーダーサービスの一般販売を開始

カテゴリ: プレスリリース

【8/27】カレッタ汐留に次世代型の横丁『汐留横丁』がオープン〜ネオ居酒屋、イタリアン、鮪専門店、チーズケーキの店、経営者限定会員制バー、会員制レストラン、ワイン角打ちの店などのさまざまなジャンルが入ったフードホールが登場〜

カテゴリ: プレスリリース

森ビル株式会社が運営する虎ノ門ヒルズステーションタワーのT-MARKETにfavyのフードホール専用モバイルオーダーシステムを導入〜事前決済型、事後決済型を使い分け〜

カテゴリ: プレスリリース

4月5日は横丁の日!favy社運営の横丁を一挙ご紹介

カテゴリ: 広報ブログ

株式会社favyと株式会社29ON、合併のお知らせ

カテゴリ: プレスリリース

商圏分析データでWeb広告の費用対効果を改善する方法を公開。CVR 2.2倍の事例も。

カテゴリ: セミナー案内